アラフォー主婦が在宅起業で失敗する理由

アラフォー主婦が働こうとしてぶち当たるのが年齢の壁。自分の都合に合った仕事は見つかる可能性なんてどのくらいあるの?というくらい厳しいのが現実。だったら在宅で起業しちゃえばいいんじゃない?と始めたもののなかなか上手くいかない・・

やる気はあるのになんでなの?

アラフォー主婦の厳しいシゴト事情

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s

住宅ローンに教育費、子どもの年齢があがることにどんどん増えていく出費。ただでさえ余裕がないのに、これ以上お金がかかることを考えるだけで気分はユウウツに。

私も働かないとこれから先、家計は火の車に。。

でも、求人広告を見ても自分の都合に合った仕事ってなかなかないのが現状。たまに、これいい!と思っても、「20代女性活躍中!」の文字が・・・。これって若い子が欲しいってことよね。
 

仕事を選ばなければあるんです。そう、そうなんだけど、夕方には子どもが帰ってくるし、夕飯の支度しなくちゃいけないし、土日祝日は休みたい。できれば、平日の朝10時~午後4時くらいの間でシゴトできないかな・・って思うとこれが無いんですね。

それに、パートであろうが正社員であろうが、新たな環境、新たな人間関係、新たな仕事は年齢を重ねる度に億劫になるし、煩わしささえ感じてしまう。

なんてアラフォー女性は多いかもしれませんね。だから在宅起業。

自宅でサロンを始めたアラフォー主婦の失敗

アラフォー主婦のYさん。家族構成は旦那さん、小学生の子ども2人、自分の両親の6人家族。要するに、自分の実家で旦那さんがマスオさんという状況で子育てをしている主婦。

彼女が働きたいと思ったきっかけは「子どもの夢を経済的な理由でつぶしたくない」ということでした。
 
両親は外で仕事をしており、子どもを預けて自分が働きにいくのは困難だったことと、家のことを全て任されているのでなかなか難しいという状況でした。
 

そこで考えたのが在宅での仕事。

知り合いから紹介された岩盤浴の宝石版。自宅で小スペースでサロン開設の可能ということでそれを数十万で購入し、自宅の1階の一部屋をサロンにして営業開始。完全予約制なので、予定が立てやすく、子どもがいても、家事をしながらでも出来ます。

最初は近所の方や、友人、知人、親類の方の予約で毎日盛況だったのですが、だんだん予約が減少し、ついには1か月に数件の予約しか入らなくなりました。

Yさんはなぜ失敗したのでしょう?宣伝不足でしょうか?

起業は一人で闇雲にやっても失敗する

アラフォー主婦Yさんの失敗の原因は、素人なのにすべて一人で思いつくままやったからです。

実は、ネット起業であっても師匠やメンターが必要です。学ぶことが必要なのです。闇雲に情熱だけでやっても失敗することが多いです。学ぶことが必要と言っても、何も先生を見つけてその人に教えてくださいと言わなくてもいいんですよ。もちろん、それができるならした方がいいですが。

師匠やメンターからは、「方法」だけではなく、考え方や姿勢も学ぶことができます。要するに「マインド」ですね。実は、ノウハウと同じくらい大切なのが「マインド」です。
 

もし在宅で一人で起業したいと考えているのであれば、

『あなたが実現したいと思っていることを今実現している人の真似をすること。』

これが一番の近道です。

リアルでやるのはリスクが高い?

アラフォーっていうと、38歳くらいから43歳くらいかな?そうなるとリアルで何かを起業するってなるとやっぱりリスクを考えてしまいますよね。もちろん、その道のプロで独立っていうことなら話は別ですが。

失敗した時のことなんて考えるべきではありませんが、それでも考えてしまいます。開業したけどダメだったから次にいきますなんてフットワーク軽くいけるのは若さもあります。
 

インターネットビジネスの良さというのは、ノーリスクとは言いませんが、そこを自分で選べるところ。お金をかけたい人はかければいいし、出来るだけ無料に近い形を選ぶことも出来ます。

私は、アラフォー主婦が在宅起業にネットビジネスを選ぶのであれば、最初にブログを始めるのをお薦めしています^^