40代主婦のお仕事事情~上から目線で面接落ちまくった結果

ギリギリ私も40代、今はこうして専業主婦でいながら在宅ブログ運営で収入を得ていますが、ご存知の通り「元貧困女子」で、30代後半~40代前半がかなり厳しい仕事状況でした。パートやアルバイトでもいいからと履歴書をかなり送りましたけど、いや~・・落ちまくりましたね、面接(;・∀・)

20代女性活躍中!というコピー

実際にハローワークとか、求人サイトとか雑誌とか見てよく書いてあるのが

「20代女性活躍中!」

「20~30代女性活躍中!」

というコピー。

職種や勤務日・時間などで探して、ほんの少しかと思われる希望条件にあったものを見つけて「お!あった~!」なんて喜んだもの束の間・・このコピーを見て撃沈。

そんな経験をした40代の女性は多いかと思います。

これってある意味親切ですよね。今は年齢制限は無い(例外も有り)ですが、こういう風に書いていてくれれば無駄に履歴書などを送らなくて済みますから。(って言っても実はショックなんですけどね、本人は^^;)

一回、そういう会社に履歴書を送ってみたんですが、即不採用。書類で落ちました。

まあ、こんな中で自分の希望にあった条件で働けるところなんて本当にあるのか?と疑心暗鬼になってしまうことも多々。しかーし、そこにめげている時間はなかったのでどんどん探しました。

狙い目は大量採用!書類審査通る!が・・・

事業を拡大とか、新規で立ち上げなんていう会社や企業のパートやアルバイトは採用人数も多いので狙い目だと思って意気揚々と書類を送り、なんとか面接までこぎつけました。

ところが不採用( ノД`)

これは私の姿勢が良くなかったと反省しています。職種はコールセンターの仕事だったんですが、2~30人の採用とのことで電話でのアポ取りは経験があったし絶対にイケる!なんて思っちゃったんですね。

経験をアピールするものの、不採用。

同じような感じで不採用になったのがもう一つあります。やはりコールセンターの仕事でした。

経験よりも笑顔と協調性

ここで学んだのは、テレアポとか販売接客の経験があってもそれは別に資格でもなんでもなく(それに経験者はかなり多いと思うし)、武器にはならないんですね。

大量採用なら研修期間もあり、初めてであっても何も心配することはないシステムがあります。

だから、こういう状況で企業側が選ぶのは、やはり「笑顔と協調性」なんだなと感じました。

多くの人を一度に採用するわけですから、経験を振りかざす年長者よりも、笑顔で謙虚な未経験者の方が指導しやすいし仲間たちともうまくやっていける期待の方が優先される(だろう)ということです。

採用されたのは・・

結果ですが、ブログ記事にもしましたが、「高速道路サービスエリアの販売員」と「個人経営の小さなお食事処兼居酒屋」には採用されました。

どちらも平日は夕方~深夜、土日祝日は昼間のアルバイトでした。

いろいろ面接を受けてきた私の経験を踏まえて40代で採用されるコツは、人が働きたくない時間帯を選ぶこと、笑顔で「何でもやらせてください」という姿勢で臨むこと、あとは「どうせダメだ」と諦めないことですね(*^-^*)

40代主婦なら自分の経験が生かせる仕事を

外で働くというのも一つの選択肢ですが、在宅ビジネスもおすすめです。実際に私は結局インターネットでのビジネスを仕事として選んだわけです。

もし40代主婦で、あと少し収入があったら・・ガッツリ働かなくても空いている時間に収入につながるようなことができたら・・と思っているなら、やはり在宅でインターネットを使ってビジネスをするのが一番だと私は思います。

なぜなら、私は40代前半で「これ以上は働けない」というところまで仕事をして思ったのが、年を取ったらカラダを使って働くこと自体が難しくなるということを実感したからです。

そしてもう一つ。

40代だからこそ自分の今までの経験が生かせる仕事をしたいなって思うんですよ。稼ぐためだけに特化したビジネスではなく、自分の強みを活かしたものが収入に結びついたらどんなに楽しいだろうって思うんです。

私はこの答えを出すまでにかなりの年月を使ってしまい、あ~もっと早く気づいて行動できていれば・・なんて思うこともありましたがそれでも今は楽しく在宅でビジネスができているので結果オーライですね。