誰にも読まれないブログはコレを設定していないから~ブログの作り方

ブログをせっかく始めたのに・・全然読まれない、誰も見てくれない、読んでくれない・・なんで?読まれるブログってどういうやつ?作り方ってあるの?

ブログを始めた人の多くが思うことかもしれません。私が初心者の頃は全くの無知で、アクセス解析とかの存在すら知らず、読んでくれる人がいないということを考えることもなく書いていましたね。今思えばある意味シアワセな性格ですよ( ̄▽ ̄;)

ブログが読まれる、読まれないってどうしてわかるの?

ブログ初心者の人はまず「私のブログって読まれているの?どうやったらそれがわかるの?」と不思議に思うかもしれません。
 

これはアクセス解析というものを設置することで解決します。いろいろありますが、「Googleアナリティクスを設定しましょう」となることが多いでしょう。それ以外にもブログサービスによっては独自のものが設定できたり、無料のもの、有料のもの、いろいろあります。

アクセス解析を設置することで自分のブログにどれだけのアクセスがあったのか数字でわかるようになります。よくPV(ページビュー)数とか、UU(ユニークユーザー)数という言葉が出てきますが、これがアクセスを数値化したものです。
 

とここまで書いておきながら・・今回はそのお話しではありません。アクセス解析についてはまた別の記事でお話ししますのでこの時点では全くわからなくても大丈夫です。
 

今回は、
 

■ ブログのアクセスが上がっていないから読まれない
■ アクセスはあるのに読まれない

 
というお話しではなく、

アクセスは関係なく、これではだんだん読まれなくなるよね

というお話をします。

読まれないブログの特徴

先日は「ブログを始めるならWordPressがいいよ~」っていうお話をしました。
 

≪参考≫無料ブログ VS ワードプレス~好きなことブログの始め方
 

趣味でも収益化を兼ねるにしてもワードプレスがおすすめです。

テーマも決まってWordPressも開設。あとは書くだけだ~(´▽`*)って思ったらこれが意外と書けない・・・。
 

実はこれはよくある話だから安心してね。

 
例えば今流行りのミニマリスト。節約とかシンプルな暮らしをテーマにブログを書くとします。実際に自分がミニマリストで日々の暮らしをブログにアップする・・というと聞こえはいいんですが、ここで初心者がやってしまいがちなのが、
 

いかにも万人受けしそうなことをいかにもいい人が書いてます!
 

というような記事を書いてしまうことなんです。いやいや、これがいけないとかではないんですよ。

ただ、これだと絶対に(言い過ぎか?^^;)ブログのファンは増えません。人に役に立つことはおろか、誰にも読まれないブログになってしまうということもあるのです。
 

私は書くだけで満足です・・
 

という人なら話は別ですが、せっかく始めるのならやっぱり多くの人に読んでもらいたいじゃないですか(*^^*)それに誰にも読まれないブログからは収入も発生しませんからね(;・∀・)
 

読まれないブログの特徴

■ 万人受けするような書き方
■ 自分の意見や感想、実体験などが無い、もしくは当たり障りなく書いてあるもの
■ 完全な日記

 
人は、ただなんとなく人のブログを読んだりはしません。

万人が読んで「まあ、そうだよね・・」と思うようなことは最初から読む気にはならないんです。そこに自分の問題が解決しそうなことが書いてあるかもしれないと思うから読むんです。

日記も、これが例えば好きな芸能人とか、話題になっている有名人など、書いている人に興味がある場合は読まれると思いますが、私を含めた一般人のなんの特徴もない日記に興味を持ってくれる人は少ないでしょう。

ではどうすればよいのか?

そのブログ誰に向けて書いていますか?

まあ、とは言え最初から人の問題解決になるようなことを自分の意見や感想、実体験を盛り込みながら書くってなかなかできません。

かく言う私も最初は「まるで日記」なブログ記事を書いていたのですから(^_^;)今思えばアクセスも全く無い中でよく書き続けたものだと思います^^笑
 
でもこれで終わってしまってはブログが読まれないことの何の解決にもならないので、一つだけ、初心者でもできるコツをお話しします。それは・・
 

たった一人の誰かに向けて書く
 

ということです。

これは以前、記事にしていますのでこちらを参考に。
 

≪参考≫ ブログを書いて収入を得る【ターゲットを絞る】
 

この記事では、

マーケティングでは、「たった一人を振り向かせることが出来たら100人が振り向く」と言われている。一人を想定して、その人が抱えている問題を解決するような言葉を届けることでこの一人は振り向く。そのたった一人を想定した問題というのは、実はその人だけの問題ではなくたくさんの人が同じような問題を抱えている。だから、ターゲットを絞るとたくさんの人が振り向くということ。

とお話ししました。

これは私が今までブログを書く上で必ず設定してきたことで、実際に、自分が設定したたった一人に向けて書くことでたくさんのアクセスを集めることができました。

逆に万人を想定して書くと、結局文章が当たり障りのないものになり、書きたいことの焦点もズレ、結果的に魅力のないものになってしまうことが多いと感じました。

もちろん、その一人を設定しただけでアクセスが集まるわけではありませんが、読まれるブログにはなります。

それに、自分が設定したたった一人に向けて書く方が書きやすいというのもあるんです。万人に向けて書く方が難しいと感じます。

アクセスアップはまた別の方法になりますので、ブログを作る際はまずここを抑えてみてください!