自分の価値はお金に換えられる~私がブログ運営をすすめるワケ

今回は、『自分の価値はお金に換えることができる』という話しです。

自分の価値?価値をお金に?

少し前の私なら自分が生きてきた履歴や経験が『価値』であることやそれを活かしたマネタイズなど考えもしなかったですが、もうそういう時代なんですね。
 

先日、縁あって私よりも少し上の人生の先輩にお会いしてきました。彼女は、私と同じくインターネットでビジネスを手掛けている夫のコンサル生さん。

ブログの収益化を目指して日々頑張っている方です。

その方の今まで生きてきた履歴を伺って、私とちょっと似ているところもありとても共感してしまいました。
 

私もそうなのですが、自分の生きてきた履歴や経験って
 

そんなたいしたことない
 

って思っちゃうんですよね。
 

でも、今ならそれは違うって思います。
 

人って生きていると必ず好きなコトや得意なコトが一つや二つ生まれると思うんです。それが厳密に『好きなコト』とは言えなくても、『情熱を傾けられる何か』は必ずあると思うんです。現時点で無いと思っていても意外と気づいていないだけかもしれません。
 

私はそれが唯一無二の『価値』であり、ビジネスに活かせるものだと確信しています。
 

物や情報があふれている今のこの時代、何かを購入するのにもあまりにも選択肢が多すぎて選ぶこと自体がストレスになっていると言っても過言ではありません。
 
だから『人の意見』とか『人のレビュー』が重要になってくるんですよね。
 

食べ物ばかりの例になりますが(笑)

例えば、
・銀座でランチがしたい
・リーズナブルで美味しい料理がいい

こういった時に見るのはやはり「食べログ」のようなサイトだと思うんですね。そこにある生の口コミを参考にしてから決める。

これって今は普通のことになっています。
 

ですが、最近はもっと先へ行っていると私は感じています。どういうことか?
 

大手の口コミサイトよりも個人のグルメブログの方が信憑性がある
 

と感じている人が多くなっていると思うんです。
 

これは私自身がグルメレポートブログを運営しているので肌で感じているところです。
 

きっとこれは食べ物だけではなく、例えば家電を選ぶとか、羽毛布団を選ぶ、家具、パソコン、スマホという「物」を始め、保険、引っ越し屋、各種スクールや情報コンテンツ、サービスなどなどありとあらゆる商品・サービスを選ぶときも同じことが言えると思います。
 

人が求めているのは、

『専門性』の高い人の偽り無きぶっちゃけ意見

です。
 

『専門性』と言っても、例えば化粧品のレビューを書くのに美容の専門家である必要はないんです。それを実際に経験した詳しい人であればいいのです。
 

実際に私は食のプロでもなんでもないただの食べ歩き好きな人ですが、ブログのアクセスはかなりあって、記事の執筆依頼がくるほどです。私はとある地域限定の食レポブログでは『専門性』の高い人として記事を書き、それをマネタイズしています。

これは私の別の一面ですが、この【ブログの書】ブログサイトでは、また別の『専門性』を出しているということになります。

どちらも「自分の生きてきた履歴であり経験」という『価値』をお金につなげているということになります。
 

そしてここが大事なんですが、これは私が特別だから出来ているわけではなく、それをこの世の中が求めていて、私はそれに応えているということなんです。

自分の生きてきた履歴や経験そのものが『価値』であり、それは誰しもが持っているものなのです。

今、インターネットで何かしたい、ブログで稼ぎたいと思っているのであればまずはここから始めてみるといいですよ。