独身アラフォー貧困女子連帯保証人なしで車ローン

地方に住む独身アラフォー貧困女子にとって、車は必要不可欠です。でも、今は車のローンを組むのには、ほとんどの場合、連帯保証人が必要。親兄弟に連帯保証人になってもらうのが多いと思いますが、そこにも頼れない場合、車の購入は諦めなくてはいけないのでしょうか。

通勤に必要不可欠な車

貧困女子でもそうでなくても、地方に住んでいれば必ず必要なのが車。都市部なら、通勤も電車でしょうけれど、地方は車通勤は当たり前。

私は元々、車の免許を取っておらず、これからも必要ないと思っていましたが、地方に住むことになった時、最初に困ったのがそこでした。

働くにも、求人には「要普免」の文字がズラッと並んでいましたし、買い物にスーパーに行きたくても自転車じゃ遠すぎる!往復にどんだけかかるの?というくらい遠い・・・。バスがあっても、バス停が遠いし、1本逃すと次のバスまで1時間なんてザラ。

もちろん、住む場所にもよるとは思いますが。

地方に住むことになってまずしたことは車の免許を取ることでした。

車検で13万さらに修理で10万

免許を取ってすぐは、車を貸してくれる人がいたのでそれに乗っていましたが、とうに10万km超で、最初の車検では軽にもかかわらず13万かかってしまい、車検後しばらくして赤いランプがついて車屋さんに持って行くと、乗ったら危険と言われ(汗)修理に・・。

結局、修理に10万かかった上に、その後も調子が悪くて、最終的にはシフトレバーをバックに入れてもバックしなくなり廃車になりました。

車通勤でしたから、車のトラブルは即困ったことになるんですよね。

中古を買おうか、新車を買おうか迷うところでしたが、軽自動車の中古を見に行った時に意外と高いことに驚きました。逆に普通車の方が中古なら安いんじゃないかな?

車種や年式などにもよりますが、私の欲しいと思った車は新車で車体価格が150万くらいで中古でも135万。

うーーーん。

これなら新車買った方がいいかも。

連帯保証人がネックに

4fca9b6a3580dd1eadc27e1902cb450c_s

当時はまだ自分が貧困女子だなんて思ってませんでしたからね(笑)

友人のつてで車屋さんに行って、まずは購入シミュレーション。
いやーーー、すぐに問題発生!

今、車のローンって連帯保証人が必要なんです。それがネックになりました。親兄弟とは離れて住んでいましたし、他人に連帯保証人を頼むなんてとても無理!

担当に、「絶対に連帯保証人って必要?」って聞いてみたら、今はローン審査が厳しくなっていて絶対に必要とのこと。

これには参りましたし、本当に困りました。

再び、中古も考えましたが、ローンを組むなら一緒なんですねー。
金額の問題じゃない。

さあどうしよう・・・

ローン会社と銀行にダメ元であたってみる

まず、ネットで銀行の車ローンを調べてシミュレーションをしてみると融資を受けられれば、ギリで買えるかも!という結果が出て、早速銀行にあたってみました。

結果は、撃沈。チーーーン。

何故ダメなのかは教えてくれないんですねー。

厳しい現実に必死になりましたが、現実は現実。
でもまだ諦めるのは早い!

今度はローン会社にあたってみました。

「連帯保証人なしで、最大いくら借りられますか?」

これは、ローン会社によっては教えてはくれませんが、ダメ元で聞いてみて、教えてくれたらラッキー。・・・でも、聞く人なんて普通いませんよね^^;

幸運にも知ることができて、足りないのがいくらなのかがわかり、これはもしかしたらイケるかも!と、再び銀行へ!

アラフォー貧困女子新車を連帯保証人なしのローンで買う!

1f734ef4f7c8734687062d0b8d2a6c72_s

足りない分を銀行から借りることができました。銀行にもよりますが、使い道自由な融資プランがあり、これは金利が多少高めですが、比較的借りやすいと思います。

これを頭金にして、あとはローン審査。これがドキドキでしたねー。

事前にいくら借りられるか聞いていたとはいえ、実際に審査をしたわけではありませんから、本番では審査が通らないことも十分考えられます。

本人確認のために電話が来ることになっていて、待っている時間が永遠のように感じられました(って、大げさか)。実際に、本人確認の電話が鳴った時は本当にうれしかったです。

あれから数年が経ち、車のローンも銀行からの融資も完済した今も、その時の車に乗っています^^苦労して買った新車ですからね。まだまだ乗り続けますよ。